コールマンでは・・・犬山キャンプ場

アウトドア用品ならコールマンという方も多いでしょうが・・・
当ショップではコールマンでは物足りないと思っているあなたに
ピッタリの個性的なキャンプ用品、アウトドア用品をご案内しています
フィールドで個性を主張する脱コールマンアイテムを是非一度お試しください

脱コールマンのアウトドア用品

★★★ コールマンに飽きたアナタにピッタリのアウトドア用品 ★★★

ウッドバーニングストーブについて

・調理以外にランプ、暖房、キャンプファイアーと、多用途に使えます。
・大きな薪を使った場合と比べ、片付け(灰処理)も容易です。
・燃料はどこにでも落ちている小さな枯れ枝、枯れ葉などの木質系燃料です。
・新聞紙などの紙も燃料になるので地震などの災害にも備えます。
・ガスや液体燃料が不要なため荷物も軽減でき、安全で環境にも優しいです。
・火が点いた状態でも軍手などを使って簡単に移動できるので大変便利です。

クッキングストーブ

−ストーブ比較表(拡大=表をクリック)−
クッキングストーブ

火力・・・水1gの沸騰時間で判定しました。火力が強いものから1、2、3
※火力については風量、鍋のサイズなどの条件によって順位が変わる可能性がございますのでご了承下さいませ。

火力の比較実験の様子はコチラ

火の安定・・・どのストーブも高機能ですが、あえて順位を付けました。
火を見る手間、着火しやすさを表します。安定性能が高いものから☆、◎

鍋の安定・・・より大きい鍋を乗せることができるものから☆、◎

灰の始末・・・使用後の灰処理がより楽で簡単なものから☆、◎

炭の相性・・・炭の燃焼時間が長い(同量の炭を投入した場合)ワイルドストーブ、ソロストーブ、タイタンを☆、燃焼時間も長く(電動ファンスイッチのON,OFF切換えをした場合)炭の着火器として大変有効なシェラストーブを◎としました。 ただしカマド容積が大きいマジックフレームは一度に多くの炭を投入することが可能です。

煙の量・・・煙が少ない二次燃焼方式はワイルドストーブ、ソロストーブ、タイタンだけが持つ利点です。

※容積はおよそのサイズになります。
表の内容はあくまでもスタッフの判断になりますのでご了承下さいませ。


−炭の利用について−

クッキングストーブ

ウッドバーニングストーブは炭の使用も可能です。炭は火が長持ちするので調理が楽で、暖房やランプとしてもお薦めです。是非、一度お試し下さい。枯れ枝で料理する際など、 炭を少し入れておけば、容易に火種を確保できるため火を見る手間が随分と省けます。

−ウッドストーブ、3種の神器−

アウトドア用クッキング ストーブ、ネイチャーストーブ VS アウトドア用クッキング ストーブ、ネイチャーストーブ VS アウトドア用クッキング ストーブ、ネイチャーストーブ VS

ウッドストーブを持つなら、是非とも揃えて欲しいアイテム達です。
所有の喜びを増幅させてくれます。


ポケットチェーンソー・・・世界最速ハンドチェーンソー。 燃料のカットにお使い下さい。薪のカット程度なら驚くほど楽にカットできます。

現代版火打ち石・・・ 太古からの火お越し技術まで手に入れたかのようなそんな気分にさせられます。

ブッシュクラフトベーシックナイフ5’・・・その1本で料理、薪割り、時には着火材や道具まで作れる堅牢ナイフです。

−ウッドバーニングストーブの燃料はバイオマスエネルギーです−

バイオマスとは生物資源という意味ですが、分かりやすく言うと糞尿、生ゴミ、木や草などの再生利用可能なエネルギー資源のことです。現代、石炭・石油の発見で暮らしは便利になり、いつの日かバイオマスエネルギーは忘れ去られてしまいました。しかし、石炭・石油は有限で、いつかは無くなります。少しでもバイオマスに興味を持っていただくためにも当店ではウッドバーニングストーブをセレクトしました。

−枯れ枝、枯れ葉、木や紙などの木質系バイオマス−

木を切る=環境に悪いことと勘違いされている方はいませんか?その切り方、切る木を選べば決して環境に悪くはないのです。木は歳をとると二酸化炭素を吸う量がある時点で止まってしまいます。こういった木を切り、若木と交代すれば二酸化炭素の吸収量は増えます。切った木をバイオマスエネルギーとして使った時、発生した二酸化炭素は若木が吸ってくれます。プラスマイナスゼロというわけです。日本は国土の60%が森林で覆われています。石油・石炭の輸入をしなくても利用可能なバイオマスエネルギーがたくさんあります。少しでも興味を持たれた方はどんな形でもいいので試して見てください。昔に戻って見るのも楽しいものです。




SEO Powered by 株式会社アクアリング www.aquaring.co.jp