鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフトならアウトドアベース犬山キャンプ場

焚き火用の長いハンドルは現地調達!使い込む程に味が出て愛着も増していく鉄製フライパン 2.0
一生物の堅牢性や調理のしやすさという実用面からブッシュクラフターだけが使っていたアイテムです
『手間』『遊び』と思うだけで楽しい時間と利便性を両立できます
自分だけの作品、スタイルになることからサイトをお洒落に演出したいキャンパーにも人気です
専用のフタ付きで様々な料理が楽しめます。サビに強いアノダイズド加工で焼き入れ(ならし)不要

防災用品アウトドア用品サバイバルグッズ

★★★ ブッシュクラフトを楽しく演出してくれる鉄製、焚き火フライパン 2.0(鉄板) ★★★

TOP「食」「水」関連アイテム>たき火フライパン 2.0

使い込む程に愛着も増していく鉄製フライパン−Bonfire Pan 2.0−

元来は一生物の堅牢性や最適な熱伝導による調理のしやすさという実用面から本格的なブッシュクラフターだけが使っていたフライパンです。

専用のフタ付きで様々な料理が楽しめます!

鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト

鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト

−持ち運びに不便なら、現地調達で−

携帯性 抜群!本格的なキャンプ用フライパン

たき火フライパンは、ハンドルを現地調達することを前提にしたハンドルの無いフライパンです。 ハンドルを付けないことで、携行時にコンパクトに収納できます。 フライパン本体は鉄製でありながら、約1.2mmの薄手の鉄板で成型することで比較的 軽く、また、付属のフタは軽量なアルミ製で本体のハンドルスリーブに干渉しないよう切り欠きがあり、料理に使う時はもちろんスタッキング収納もしやすいデザインになっています。

鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト

−ブッシュクラフターのマストアイテム−

自由な長さのハンドルを『現地調達』で自作!

ブッシュクラフター、キャンパーの心をくすぐるひと作業。 焚き火から安全な距離まで離れることができ、セッティングの自由度が広がることも特徴です。 『手間』『遊び』に変える、たき火フライパン。 楽しい時間と利便性を両立できます。

−たき火シーンに溶け込むスタイル−

独創的なスタイルで、オリジナルハンドルによる自分好みの調理器具に変身した「たき火フライパン」は見栄えも良く、 本格的ブッシュクラフターはもちろん、キャンプサイトをおしゃれに演出したいキャンパーにも大人気です。

鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト

−アノダイズドコーティングで焼き入れ(ならし)は不要−

フライパン全体にアノダイズドコーティングが施されています。軽く洗っていただくだけで、すぐに使用可能です。 防錆力もアップ!

鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト

取っ手のツマミには可倒式のD環を採用することで収納性の向上はもちろん、長時間の調理でフタが熱くなってしまった場合に、木枝を用いてリッドリフターとして使用することで、よりブッシュクラフト感を味わえる構造となっています。

鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト オシャレな麻袋と留め具付き:
フライパンとフタを合わせてもすっぽり入る麻袋が付属。 また、フライパンと自作したハンドルを固定するための釘(馬蹄釘)が2本同梱されています。 プレゼント用にも最適です。

◆仕様◆ ※数値はおよその参考値です。
重量:500g フタ/255g サイズ:φ23×D2cm フタ/φ24.8×H2p
取っ手差込み径/2.2p 釘穴/φ8mm,4mm
素材:鉄(アノダイズドコーティング)フタ/アルミニウム(耐熱塗装)
付属品:リネン製収納ケース、鉄製馬蹄釘×2 生産国:中国



−ハンドルの作り方−

鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト

適当な生木を見つけナイフで先端を差し込み口に合わせて削ります。
テーパー状になってますのでサイズの微調整も行いやすいです。

鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト

【取り付け】予め枝に割れ目を入れ、付属の馬蹄釘を利用して枝を広げてください。
長方形型の釘によるクサビ効果で強力に固定されます。
鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト

【取り外し】プライヤー等で釘の頭部を掴み、90度回転させることで釘が緩みますので引き抜いてください。 または、貫通した釘の先端を石等で叩くことで抜き易くなります。

−釘の代わりの「木釘」とは?−

その名のとおり、木で作る釘です。 馬蹄釘は現地の枝木をナイフで加工して木釘(クサビ)として代用することで、よりブッシュクラフト感を演出することができます。
下の動画をご参考下さい。

動画は旧タイプのフライパンを用いた説明です。



 ※使用上のご注意

・「急加熱・急冷却」しないでください。することにより本体中央部が膨らんだり、ヒビ割れの原因となります。 万一、膨らんでもガタつきはでますが、使用上問題はございません。 一旦膨らむと修正できないのでご注意ください。

・予熱をかける時は必ず火力を中火以下で行ってください。 最大火力で加熱すると、本体底面が変形します。

・通常とは逆方向に力を加えないでください。破損の原因となります。
(通常使用加重3Kgまで) 鉄製、焚き火 フライパン、鉄板、ブッシュクラフト




SEO Powered by 株式会社アクアリング www.aquaring.co.jp